校長あいさつ

県立朝霞高校     
校長 小玉 佳也

 
 朝霞高校全日制課程は昭和38年に開校し、今年で57年目を迎える普通科の男女共学校です。各学年8クラスの合計24クラス、約1,000名の生徒が、シンボルである欅をはじめとする緑に恵まれた明るい環境の中で学んでいます。

 校内の施設・設備は、広い敷地を利用した管理棟・普通教室棟・特別教室棟からなる低層の校舎、広い体育館や格技場、けやき会館、食堂などを有し、快適な学習環境の中で生活することができます。冷房も完備しています。

 そして進学重視型単位制の県立普通科高校として、不易流行の言葉どおり、時代に即した教育を追究しつつも、伝統を引き継ぎ、昔から変わることのないよき青春時代を過ごせる3年間がここにはあります。高校生活を楽しく充実させることが、将来のよりよき人生の礎と考え

  勉強に燃える朝霞高校

  行事に燃える朝霞高校

  部活動に燃える朝霞高校

の「三兎を追え」と生徒のみなさんには伝えています。

 

生徒一人一人の進路希望の実現

 目指す学校像として「より高い学力を身につけ、心豊かで社会性のある自立した生徒を育成し、進路希望を実現する」とあるように、朝霞高校は進学校として全力で生徒の進路希望を実現する体制づくりに努めています。県内では早くから単位制を導入し、生徒一人一人の適性を活かし、自己の関心に応じた多様な教科・科目の選択や学力向上のための少人数授業を実践しています。またガイダンス機能を充実させ、計画的な学習と的確な科目選択を支援しています。さらには進学補習など生徒の学力を伸ばすための取組を実施しております。

 生徒のみなさんは、学力向上にひたむきに応え、国公立大学や難関私立大学への合格や適性を活かした様々な進路希望を実現しています。

 

充実した高校生活

 高校生活に対する生徒の満足度も高く、地域でも高い評価をいただいております。

 もちろん、高い評価をいただく背景には、教職員が一丸となって朝霞高校を更に向上させるべく日々の教育活動を精力的に展開していく、たゆまぬ努力があってこそです。今年度も学習指導や生徒の進路保証の充実を目指し、教育活動に取り組んでまいります。

 中学生の皆さんも、本校で学び、明るく豊かな高校生活を送りましょう。皆さんの入学を心よりお待ちしております。