概要

活動日:火水木金土日(月曜OFF)

活動時間:平日:1h30,休日:3h

活動場所:本校体育館

部員数:1年 12人、2年 14人、3年 16人 マネージャー5人

ひとこと:明るさ、まじめさ、素直さをモットーに不断の努力で日々向上心を持って活動しています。

カウンタ
4 0 4 8 0
日誌

男子バスケットボール部日誌

男子バスケットボール部 関東大会県予選会1回戦結果

5月11日(土)関東大会県予選会1回戦が上尾運動公園体育館でおこなわれ、松山高校と対戦しました。

松山高校とは練習試合で対戦しており、お互いのプレーをよく知っています。県大会ということもあり、支部予選とはまた違う緊張感がありました。

 

 

松山高校はミドルシュートの精度が高く得点を許してしまい、なかなか試合の主導権をとれませんでした。それでもオフェンスリバウンドを頑張り、第2クォーターが終わって29-37でした。

 

第3クォーターで少し得点差をつめておきたかったのですが、逆に点差が広がってしまい、40-68になってしまいました。

第4クォーターで少し盛り返しましたが、力及ばず56-79で敗戦となりました。

チームはリードされても最後まであきらめず、一生懸命プレーしました。

県大会1回戦を突破し県ベスト16に入るのは、やはり簡単なことではないと実感した試合でした。

次のインターハイ予選にむけて、また頑張ります。

保護者の皆様、OB・OGのみなさま、応援ありがとうございました。

男子バスケットボール部 春季選手権大会支部予選 代表決定戦結果

5月5日(日)に関東大会県大会の出場を決める代表決定戦がおこなわれました。

朝霞高校が試合会場で、ふじみ野高校と対戦しました。

ホームゲームのアドバンテージを活かしたいところです。

ふじみ野高校は個々の能力が高く、個での勝負では分が悪いです。

チーム全体の総合力で試合に挑みました。

トスアップ前から気合十分で、自分たちを盛り上げます。良いムードで試合を始めることができました。

  

第1クォーターは一進一退の攻防で19-16でした。第2クォーターで少しずつ点差を広げ、42-27で前半を終えました。

第3クォーターは苦しい時間帯もありましたが、自分たちのプレーをやり続け、15点差のまま第4クォーターを迎えました。

 

 

最後まで集中を切らすことなくプレーし続け、74-61で勝利し、チームの目標である連続県大会出場を勝ち取りました。

40分のゲームの中では反省すべき点もありましたが、日ごろの努力を結果に繋げることができてよかったです。

県大会はすぐに始まりますが、それでも少しでもレベルアップできるよう頑張ります。

保護者のみなさま、OB・OGのみなさま、ご声援ありがとうございました。

男子バスケットボール部 春季選手権大会支部予選 2回戦結果

春季選手権大会西部支部予選会が始まりました。

3ヵ月半ぶりの公式戦です。春休みと4月にいろいろな学校と練習試合をおこない、この大会に備えてきました。

5月3日(木)、2回戦で川越初雁高校と対戦しました。

トスアップ前は少し緊張しているようでしたが、全員が声を出し、いい雰囲気でした。

 

試合開始から連続得点で主導権を奪い、そのままリードを広げていきました。第1Qを27-5で終え、落ち着いて試合を進めることができました。

 

その後も得点を積み重ね、メンバーチェンジをしながらゲームを有利に進めていきました。ベンチに入れなかったメンバーからの応援も励みになりました。

 

試合は112-60で勝つことができました。

応援に来ていただいた保護者のみなさま、OB・OGのみなさま、ありがとうございました。

次は5日(日)に代表決定戦でふじみ野高校と対戦します。新人大会に続き連続で県大会に出場できるよう頑張ります。

男子バスケットボール部 春季高校選手権大会西部支部予選会組み合わせ

ゴールデンウィーク中におこなわる春季高校選手権大会の組み合わせが決まりました。

2回戦 5月3日(金)入間市民体育館 12:30~

代表決定戦 5月5日(日)朝霞高校 9:00~

新人大会に続き、連続での県大会出場を目指し日々練習に励んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願いします。

男子バスケットボール部 新人大会県大会1回戦結果

12日(金)に本庄総合公園体育館(本庄シルクドーム)で春日部高校と対戦しました。春日部高校は東部地区ベスト8の強豪校です。

11月の西部支部予選以降この県大会にむけて練習に励んできました。集中力高く試合に臨みました。

 

 

試合開始直後から春日部高校のプレッシャーが強く、うまくボールが運べませんでした。この日はシュートの成功率も高くなく、なかなか得点が伸びませんでした。

 

ゲームプランどおりに試合が進まず、苦しい展開になりました。そのなかでもポストを使った良いプレーからの得点もありました。

 

結果は44-77での敗戦となりました。県大会のレベルを実感し、現在の自分たちのレベルの確認と春の大会にむけての課題を見つけることができました。

5月の大会にむけてまた頑張ります。

保護者のみなさま、OB・OGのみなさま、応援ありがとうございました。これからも男子バスケ部をよろしくお願いします。

男子バスケットボール部 冬休みの活動

明けましておめでとうございます。

男子バスケットボール部は1月の県大会にむけて冬休み中も元気に活動しました。

12月27日、28日、29日の3日間、WRC(West Region Camp)に参加しました。静岡商業高校、土浦第二高校、東海大市原望洋高校、新潟第一高校など県外の高校とも試合ができ、貴重な経験になりました。

 

 

県大会で勝てるように頑張ります。応援よろしくお願します。

男子バスケットボール部 新人大会県大会出場決定!

県大会出場を目指して敗者戦で所沢中央高校と対戦しました。

 

 

苦戦することを予想していましたが、積極的にオフェンスリバウンドを取り、セカンドチャンスから得点しました。

 

第1クォーターから優位に立ち、第2クォーターが終わったときには64-22と大量リードすることができました。

第3クォーターからは所沢中央高校も得点を取り始めましたが、慌てずに試合を進めました。

  

終始リードを保ったまま119-73で試合が終了し、新人大会県大会出場を決めました。

所沢中央高校との試合ではファウルが多かったり、アウトサイドシュートの決定力が足りなかったりという反省点はありますが、チームの目標である「県大会出場」を達成することができ、部員一同喜んでいます。

1月の県大会にむけてこれからも頑張ります。

保護者の皆様、OB・OGの皆様、応援ありがとうございました。

男子バスケットボール部 新人大会西部支部予選代表決定戦結果

県大会出場が決まる代表決定戦で第1シードの埼玉平成高校と対戦しました。

 

オフェンス面ではところどころいいプレーが見られたものの決定力不足で得点が伸びませんでした。また、ディフェンス面では相手の1対1の速さに対応できず、簡単に失点を許す結果になってしまいました。

 

勝負をあきらめず最後まで頑張ったものの54-107での敗戦となりました。ここまで点差が開くとは思っていませんでしたが、きちんと結果を受け止めてこれからにつなげます。

埼玉平成との試合は残念な結果になってしまいましたが、まだ大会は終わっていません。

次は敗者戦で所沢中央高校との試合があります。勝って目標の県大会出場を決めます。

応援よろしくお願いします。

男子バスケットボール部 新人大会西部支部予選2回戦結果

新人大会が始まりました。

11月4日(土)2回戦で和光高校と対戦しました。

 

和光高校は1回戦で100点以上得点し勝ち上がってきましたので、気を引き締めて試合に臨みました。

試合開始から流れをつかみ、朝霞のペースですすめることができました。

 

得点差が開き始めても集中を切らさず、順調に得点を重ねていきました。

 

107-35というスコアで勝つことができました。

応援ありがとうございました。

次戦は12日(日)に第1シードの埼玉平成高校と対戦します。

お知らせ
今しかできない、今だからこそできるバスケットボールを私たちと一緒
に思いっきりプレーしましょう!