日誌

ソフトテニス部日誌

新人戦地区予選@智光山公園

9月17日(土)地区予選の団体戦に臨んできました。

結果

1R  ③-0 川越工業

2R  0-② 立教新座

敗1R ②-1 朝霞西

敗2R 1-② 所沢

 個人の結果を踏まえて、第7シードをいただきましたが、残念ながら県大会への出場はなりませんでした。個人戦とは違う重責を前に顧問・選手・応援含め、チーム一丸となって戦う姿勢が不足していました。

 夏休み初めの地区リーグで所沢高校に大敗してから、選手たちは大きく成長しました。今回もリベンジはなりませんでしたが、1勝をあげ、3本目もファイナルにもつれ込むなど着実に力の差は埋まってきています。しかし、団体はいかに2本取るか。再びこの敗戦を糧に秋・冬のシーズンの取り組み方を考えてさせていきたいと思います。

新人戦地区予選@智光山公園

9月10,11日 新人戦地区予選に挑みました。朝高からは9ペアが出場しました。

結果(〇数字は年次)

吉村②・礒間②ペア  ベスト16 ※「吉」は下線が長い

戸塚②・田中②ペア  ベスト32

小太刀①・越川①ペア ベスト32

3ペアが11月に行われる県大会への出場を決めました。

残念ながら目標としていた「全ペア2日目進出」はなりませんでしたが、敗退したペアもシード勢相手に果敢に戦う姿を見ることが出来ました。また、どの局面においても笑いの絶えない(?)朝高らしい戦いが出来たと思います。

9.3,4練習試合

新人戦前の最後の土日。2日連続の練習試合を行いました。

9.3(土)春日部工業、新座(home)

新チームに移行してから初めての他地区との練習試合となります。地区ごとの色、スタイルというものがあり、春日部工業の選手は隙あらば(無くても)打ってくる攻めの姿勢で、終始押されていたように感じます。オフェンスの相手に対して、浅い球を用いて相手を動かしたり、ダブルフォワードでプレッシャーをかけたりなどして、苦しみながらも勝利を上げることができました。結果としては41戦22勝。何とか勝ち越すことができました。

9.4(日)山村学園(away)

初めてのaway、またオムニコートで試合を行うことができました。序盤は慣れないコートに足を取られる場面がありましたが、その中でも粘り強く戦うことができました。また、前日の反省を活かし、自分たちで雰囲気を作りながら戦うことができていたと思います。結果は31戦21勝となりました。最後の集合で主将からメンバーに対し、「実際の試合では応援の声出しも制限されているし、そもそも他ペアの試合を見る時間も確保できるわけではない。まずは試合に出ている自分たちから(声出し、雰囲気作りを)できるようにしよう」と話をしてくれました。新人戦まで1週間を切りました。今から技術的な向上は難しいかもしれませんが、テニスは考え方ひとつで結果が変わる競技です。この数日を使って、しっかりと戦う気持ちを作ってほしいと思います。

8.26練習試合&夏休み総括

8月26日(金)豊岡高校との練習試合を行いました。先日の西部リーグでも2部に属しているチームです。昼頃から悪天候が予想されていましたが、最後まで実施することができました。

結果は72戦50勝。大きく勝ち越すことができました。また、地区リーグから意識していた「最後まで元気に、ポジティブに戦う」ことができていました。夏休みに入る前は半日の練習でも最後までやり切ることができない生徒がいましたが、この夏を経て大きく成長してくれました。

 

夏の締めくくりとして、生徒には2点話をさせていただきました。

1つはシンクロの井村監督の言葉。「例えば1番高く足があがる子がいたとして、その子に『周りに合わせなさい』という指導はしない。周りの子たちにその子の高さに届くように努力させる。力がある子に周りに合わせさせると手を抜くことを覚えさせてしまう。」テニスの技術はもちろん「声出し」「学習」においても1番できる子にみんなが合わせれば自ずとチームの力がつくはずです。

2つめはスポーツはそもそも理不尽なものであるということ。生徒たちは夏休みに本当に努力して取り組んでいました。しかしソフトテニスは7ゲーム。夏休みにどれだけ努力しても(人によっては3年間、トップのアスリートであれば人生をかけて)、1日戦える体力や精神力を身に付けても、20分ほどで負けてしまうこともあります。だからこそ万全の準備をして、出来ることを全てやるという意識を持たなければなりません。

新人戦まで残り20日。まだ自分に出来ることはないか。万全の準備で臨ませたいと思います。

大掃除

夏の締めくくりの1つとして部室の大掃除を行いました。敗者チームのみで行う予定でしたが、なんだかんだで勝者チームも手伝ってくれていました。生徒は嫌々やり始めましたが、目に見えてきれいになっていくので、最終的には明るく取り組んでくれたと思います。

学校、部活動、そして将来就くであろう仕事。どの道に進んでもやりたいことだけできる世界、業界はありません。本意ではない物事にポジティブに取り組むことができるのは立派な素養です。それでも嫌なものは嫌。そんなときに他人と(に)協力できることもまた立派な素養です。