日誌

顧問紹介

 昨年度から剣道部顧問を務めております「長野(ながの) 成吾(せいご)」と申します。伝統ある朝霞高校剣道部で剣道ができることを大変うれしく思います。朝霞高校剣道部はインターハイ出場、関東大会優勝、OBOGの全日本大会での活躍、最高位である8段取得、また俳優の東出昌大氏など各界を担う人材を多く輩出しております。このような歴史と伝統ある朝霞高校の剣道部をさらに輝かしい部活動にできるよう全力を尽くして参ります。

 

 朝霞高校剣道部は、週5日短期集中の活動に取り組みます。(原則水曜、日曜休み)平日は午後4時~6時の2時間に集中して成果を出します。剣道で強くなるためには「長時間繰り返し鍛錬して身体で覚える」または「自分の身体や意識と向き合い短期集中して活動する」このどちらかであると考えます。朝霞高校剣道部では受験に向けて学習時間の確保、また「勝負所で集中し力を発揮する」生徒の育成のため、後者の「短期集中型」の稽古に取り組みます。OFFの時間は目標達成に向けての学習時間に充ててほしいと考えています。

 特に現在は、「剣道がすべて」「スポーツがすべて」の世の中ではありません。朝霞高校では剣道のために必要以上に学習や私生活の時間を奪うことは致しません。剣道を人間形成のための一つのツールとしてとらえ、関東大会、インターハイを目指すチームを作りながらも、受験に勝ち抜く、社会生活に勝ち抜く豊かな教養とハツラツとした心を携えた人材を育成します。

 

このように「剣道」「学習」「私生活」すべてが充実した部活動の運営に取り組みます。今後とも、朝霞高校剣道部をよろしくお願い致します。

 

ご不明な点やお問い合わせ等ございましたら剣道部顧問「長野(ながの)」までご連絡ください。

(朝霞高校TEL 048-465-1010)

 

 

顧問経歴

 

長野 成吾  男性 30歳  5段  静岡県生まれ

神奈川県桐蔭学園高校→順天堂大学スポーツ健康科学部(主将)

インターハイ男子団体準優勝、全日本学生選手権大会出場 他