日誌

2024年6月の記事一覧

令和6年度インターハイ埼玉県予選 第三回戦

前回、宮代高校に勝利し、ベスト16となった朝霞高校女子チームですが、ベスト8決めでは、第一シードの埼玉栄との対戦となりました。

今大会、埼玉栄は見事県内の予選を突破し、インターハイ出場を決めました。

一方、ケガ人が3人もでてしまったわけですが、選手たちは逃げずによく頑張りました。

これが最後の試合となった3年生の4人とマネージャー1人には精一杯プレーしてほしかった一戦でしたが、力及ばず終始苦しい展開が続いてしまいました。

怪我をおして出場した3年生選手、ベンチから見守ったキャプテン。その応援で奮起し、最後まで戦った選手たちは、勝ち負けよりも大きな成果を得て引退していきました。

苦しい時も、辛い時もたくさんあったと思いますが、本当に3年間あきらめずに続けてきてよかったという表情でした。

保護者の皆さま、応援ありがとうございました。

令和6年度インターハイ埼玉県予選 第一回戦

日々一生懸命に練習に取り組み、それに加え5月と6月は他校との練習試合を重ね日々ハンドボールのスキルを磨き上げてきました。

三年生にとっては最後の大会となる女子インターハイ予選。

第一戦目は宮代高校です。

負傷してしまったエース選手の思いも背負って、全力で試合に挑みます。

 

試合開始二分、相手チームに先制で得点を決められてしまいます。

こちらも負けじと点を取り返し、前半15分までは激しい攻防が繰り広げられます。

 

前半は7―3

4点リードで終えますが、まだまだ試合はわかりません。

 

後半はなかなか点数が取れない苦しい状況に加え、負傷者も出てしまい厳しい戦いが強いられます。

しかし後半開始13分から二年生中心に得点を重ね、見事に勝利を収めました。

 

先輩達の意志を確かに受け継いだ二年生と、ハンドボールに全力で取り組んだ三年生の活躍が光った試合でした。

 

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

三年生最期の大会、悔いが残らないよう全力を出し切りたいと思います。