朝定日誌

【総合的な探究の時間】「100年」をキーワードに考える

4/25(月)に「総合的な探究の時間」の授業が行われました。

3回目となる今日は、1年間の授業の導入部として、これまでの100年間の社会の変化を調べ、今後100年の未来の変化にどのように関わっていくかを考えていく内容でした。

調べ学習では、身近な携帯電話の歴史が題材ということもあり、関心を持って活動を進めていました。

 

  
 

写真は1年生と3年生の様子です。

お互いに意見を交換しつつ、活気のある活動となりました。